レモンの香りって本当はどんな効果があるの?

果物であるレモンは、実は香りの中に

アロマとしてもとても有効な成分を含んでいます。

レモンは芳香剤などにもよく利用されますが、

あの爽やかな柑橘の香りの正体は、

ほとんどがモノテルペン炭化水素類のリモネンという成分です。

リモネンには肝臓強壮作用・腎臓機能促進作用・消化器官の

蠕動運動促進作用があるので、むくみの改善に役立ちます。

またレモンが併せ持つ、他の微量成分との相乗効果によって

抗菌作用・抗ウイルス作用・浄化作用が強いので、

空気感染による感染症の予防、部屋の空気の清浄化にも有効です。

レモンにはビタミンP様作用があるので、

血液流動化作用・毛細血管の血行をよくする作用があり、

甘酸っぱい香りの刺激と共に、疲れた頭をリフレッシュしたいときに

もってこいです。

ビタミンP様作用には筋肉繊維の中を通る血管が収縮、拡張する

自然な運動を促進する働きもあるので肌の若さを保ち、

荒れた唇、脂っぽい肌や頭皮を整えてくれます。

是非1WEEKトライアルセットをお試し下さい
http://www.berrymiku.com/weekset/index.html
ベリーミクの注文商品はコチラ
*ナチュラルバランス ベリーミクVCローション 60ml
http://item.rakuten.co.jp/putistyle/10024157/

カテゴリー: blog   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>