月別アーカイブ: 12月 2014

車内の臭い気にしていますか?

車というのはある意味プライベートな空間であるだけに、 できるだけ快適にドライブを楽しみたいものですよね。 しかし、運転中というのは他のことに気を取られては危険ですから、 できるだけ余計なものは置いておかないほうが良いものです。 そこで、そのような時には 車内の臭いに注意してみてはどうでしょうか。 車の中というのは乗っている本人は気づかなくとも、 様々な臭気があるものです。 特にタバコを吸う人であったり、 ペットを飼っている人などはそのような臭気と 車の素材の臭気が入り混じって、 不快な臭気を漂わすことになってしまいます。 このような空間は気づいていないだけでも、 ストレスになりやすいものですから 安全な運転に対して支障を及ぼしてしまうこともあります。 そこで、そのような時には車の中で楽しむことができる、 アロマを取り入れてみてはどうでしょうか。 アロマはリラックスをもたらす効果と同時に、 集中力も高めてくれるので運転をする際にはとても便利ですよ。

カテゴリー: blog | コメントをどうぞ

アトピ—、喘息でお困りの方はアロマケア!

アトピーや喘息は、どちらもアレルギーによるものですので、 免疫力を高めることで改善する場合もあります。 アロマはリラックスなどの 精神的なストレスの解消に使われますが、 実はアレルギー症状にも良い働きをするものがあるのです。 またアロマディフューザーと呼ばれる、 アロマをミスト状にして香りを拡散させるタイプのものでは、 空気清浄の役割も果たしているのです。 アロマケアに向いている香りは メントールやユーカリ、ティートリー、レモングラス、バジルなど 様々なものがあります。 即効性はありませんが、 長期間にわたり使用を続けることで、 アレルギー症状の緩和に繋がっていきます。 ただしアロマやお香、 化粧品などによって引き起こされるアレルギー症状もありますので、 使用して症状が悪化するようであれば 使用は止めるようにしてください。 自分に合ったアロマを選び、使用してみましょう。 またアロマには副作用もありますので、 用法と用量を守って使用するようにいたしましょう。

カテゴリー: blog | コメントをどうぞ

お困りの下駄箱の臭いを解消する方法ってご存知ですか?

毎日家の出入りをする時、 お客様が家に来た時、多くの人が気になるのが下駄箱の臭いです。 気をつけていても、 扉を開けてビックリしてしまうことも多いものです。 そんな気になる悩みを身近な物を使って解消する方法があります。 お金をかけずにできる簡単な方法は、 コーヒー豆を挽いた後のカスです。 コーヒー豆をひかないというご家庭では、 インスタントコーヒーの粉をそのまま使うという方法もできます。 浅めのお皿や、 カップにコーヒー豆を挽いた後のカスか インスタントコーヒーの粉を入れて 扉の内側にこぼれないように置いておきます。 コーヒーの匂いが全くなくなってくるまで 変えなくても大丈夫ですが、 匂いが薄くなってきたと感じたら、 新たなコーヒー粉を入れておくと効果的です。 コーヒーの粉なので嫌な薬剤の匂いはしませんし、 無害なのでペットや小さなお子様がいるご家庭でも 安心して使うことができます。 お金をかけずに快適空間になるのでおすすめです。

カテゴリー: blog | コメントをどうぞ

睡眠が浅い、寝付きが悪いと言われる方へのアロマの効果とは?

人の体はいつでも適切な睡眠を取れていなくては、 健康的に活動することはできません。 しかし実際には寝付きが悪い人や、 何時間寝ても疲れが取れない眠りの浅い人もいます。 そうした人の苦痛を和らげてくれることとなるのが「アロマ」です。 特にこうした症状を抱える人に 重宝されるアロマとなるのがラベンダーです。 ラベンダーの香りは副交感神経の働きを活発にしてくれるのですが、 この副交感神経は「休息の神経」と呼ばれることもある神経です。 人の体がゆったりとリラックスしている際に 特に活発に働く神経系であり、 この副交感神経が活発に動ける環境を作ってやれば、 体はより深く休むことができるようになるのです。 またラベンダーのアロマ効果には セロトニンという神経伝達物質を より活発に分泌してくれる作用もあります。 セロトニンが活発に分泌されると 心のバランスが取られるようになり、 不足していると抑うつ症状が発生することでも知られています。 普段から疲れが取れず、 いらいらしているというような人は、 こうしたアロマの効果を有効活用して、 リラックスできるような時間を作るようにすると良いでしょう。

カテゴリー: blog | コメントをどうぞ

部屋の気になる臭いを予防したい時は?

部屋の臭いを予防するためには、 カビの発生を抑えることが欠かせません。 湿気が多くて風通しが悪い状態にしておけば、 カビ臭さが蔓延してしまいます。 天気がよい日には布団をしっかりと干して、 風をしっかりと通すことが重要です。 窓は1ヶ所だけ開けるのではなく、 2ヶ所は開けるようにして風の入り口と出口を作るようにします。 北風が吹いているときには、北側と南側の窓を開けるのが理想です。 布団には汗や皮脂の汚れがついて、 独特な臭気が残ることがあります。 そのため、布団には必ずカバーやシーツをつけるようにして、 定期的に洗濯をすると効果的です。 主にタンパク汚れとなるため、 セスキ炭酸ソーダを使うと特によく落ちます。 布団カバーを洗う頻度が少ない場合は、 臭さが気になるようになります。 毎日のように洗うわけにはいかないものですが、 少なくとも1週間に1回は洗うようにする必要があります。 布団カバーやシーツが清潔であれば、 夏の蒸し暑い時期でも快適な睡眠をすることができます。

カテゴリー: blog | コメントをどうぞ